張富士夫(全剣連会長)の居合道昇段の不正を調査!審査会もチェック!

iai - 張富士夫(全剣連会長)の居合道昇段の不正を調査!審査会もチェック!

張富士夫(全日本剣道連盟会長)さんの「居合道」部門で、昇段審査の際に審査員に現金を渡して合格させてもらうという不正が横行していたことが明らかになりました。

昇段の為に受審者が払う現金は合計で数百万円に上ったケースもあるとみられ、現金を要求された受審者である男性が、告発状を「内閣府公益認定等委員会」に提出し、同委員会も事実関係の調査に乗り出すことになって来ました。

最近もスポーツ界で不祥事が相次ぐ中、伝統の武道でも不公正がまかり通っていた実実が明らかになってきたことはなんとも嘆かわしいですね~。

そもそも、居合道も剣道の種目の中の一競技ですね。なにかこの居合道だけのことなのか、剣道界全体にもこのような事がなければ良いのですが、今回はどのような内容の不正であったのかと、居合道の段位や称号などもご紹介しようと思います。

スポンサーリンク


居合道昇段試験の不正とは?

居合道の部門では、初段~八段の段位審査のほか、高段者が主に得ることができる「錬士(れんし)」「教士(きょうし)」「範士(はんし)」の3つの「称号」の審査が存在します。

居合道に於ける最高位の段位は八段範士であります。今回明らかになった金銭の授受は、主に八段や範士への審査時に不正な行為があったことが判明しています。

八段の昇段試験は1~2次の実技科目で審査され、審査員は1次が6人、2次が9人で審査があります。範士は実績や人格面を考慮した書面によって10人の審査員が合否を判断することになっており、審査員はいずれも主に最高位である八段範士が務めています。

受審者は、審査員も兼ねる居合道委員会の委員ら仲介者を通して大半の審査員に現金を渡し、八段や範士の称号を不正に得ていたことになります。金銭の受け渡しなどは昇段審査直前では遅いとされ、数年がかりで審査員を接待したり、手土産を渡したりもしている剣士達もいるそうです。

こうした現金や物品の授受は長年、常態化していたとみられ、かつて仲介役として受審者から現金を預かり八段に合格させようとした九州地方の男性は「事実上、金で段位や称号を買うシステムだったという。実力だけで合格した人はほとんどいないのではないか」という証言も有ったと言うのは驚きですね

全剣連側も半ば黙認していたようですが、約2年程前にも金銭授受をめぐるトラブルがあったので、実態を調査したところ、聞き取りを進めた結果は、「審査に近接した時期に金銭を授受する不適切な慣行が古くから存在した」と認定したそうです。

その後、関与者へ段位・称号の自主返納や口頭注意の処分をしたが、このうち元審査員ら大半は「金銭授受を素直に認め、深く反省している」として処分の執行を猶予していると言うんですがどうなんでしょうか?。

不正合格をめぐって、連盟会員の男性が今年6月、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出しましたが、同委員会は、全剣連が加盟し、連盟の監督権限がある日本オリンピック委員会(JOC)などから事業報告書の提出を受け、精査している段階であるそうですが、きちんと正すべきは正して欲しいですね。

スポンサーリンク


段位と称号授与について

全日本剣道連盟に於ける居合道部門では、初段から八段の段位審査のほか、高段者が主に得ることができる「錬士(れんし)」「教士(きょうし)」「範士(はんし)」の3つの「称号」の審査があります。

最高位は八段範士の称号が与えられます。八段は1~2次の実技科目で審査され、審査員は1次が6人、2次が9人。範士は実績や人格面を考慮した書面によって10人の審査員が合否を判断します。審査員はいずれも主に八段範士が務めています。

段位は初段から八段までがあり、称号は「錬士(れんし)」「教士(きょうし)」「範士(はんし)」があります。全日本剣道連盟は段位について「精神的要素を含む技術的力量」、称号は「指導力や識見などを備えた人としての完成度」を示すものと、それぞれ規定されています。

基本的に称号審査は六段以上にならないと受審資格がないので、段位、称号を通じて、最高位は範士と定められています。

全日本剣道連盟は一般財団法人で、東京都千代田区に拠点を置き「剣道」「居合道」、杖(つえ)を用いる「杖(じょう)道」の3部門があります。

会員はそれぞれ剣道が約185万人、居合道が約9万人、杖道が約2万人と、多数が所属していますね。「全日本実業団剣道連盟」「全日本学生剣道連盟」など各組織にも影響力を持っています。

スポーツ庁は平成30年度、「武道等指導充実・資質向上支援事業費」として全剣連に約1000万円を支出していると言うのですが、国民の税金が無駄に使われないようにしっかりとやって欲しいですね。

金銭授受は常態化していた!

今回の内閣府公益認定等委員会に告発状を提出されたことによって明らかになった、全剣連の「居合道」部門では、昇段試験に際して、これまでも金銭授受の不正が常態化していたことについて、事実関係を認めましたね。

全剣連によると、審査員などとパイプがある仲介役に受審予定者が金銭を預け、仲介役が審査員らに実際に配る手法が続いていたことが分かってきました。全剣連は内部調査で30人ほどの審査員経験者らに聞き取りを実施し、昨年11月に一定の処分を下したと発表しています。

しかし、大半の関係者が「反省している」などとして処分が猶予されている実情については、「懲罰ではなく今後に向けた再発防止が大事だ」とし、「正当化するつもりはないが、

茶道や華道など芸事の世界ではこうした行いはよくある」と開き直って主張しているというのだが、それが本当ならあきれてしまいますね。

一方、今回明らかになった、連盟の加盟者が内閣府に提出した告発状の内容については、「事実関係が確認できない」と説明をしています。告発状では、審査時に連盟幹部らが計650万円を要求したなどとしているが、

連盟幹部が聞き取りに対して関与を否定したうえ、会話の録音データといった客観的な証拠がないことなどを挙げ、「提出者の一方的な言い分で、裏付けができない。これ以上の追及は難しい」としている。

 

居合道入門 技術・礼法など居合の基礎を網羅

 

mo 486x290 - 張富士夫(全剣連会長)の居合道昇段の不正を調査!審査会もチェック!

桃田賢斗の私服や使用ワックスを調査!背中タトゥー説や年収が気になる

2018.07.12

まとめ

最近は不祥事続きのプロ、アマスポーツ界ですが、全剣連の居合道部門からも、昇段試験に際して金銭の授受が必要であり、それが、常態化しているという。

心身の健康と鍛錬を目的としている、スポーツや、武道の世界でこのような不正が行われていたというのはショッキングなことと言わざるを得ないですね。これこそ誠に遺憾に思いますね。

居合道には段位が初段から八段まで存在していて、最高位が八段であることや「錬士(れんし)」「教士(きょうし)」「範士(はんし)」の3つの「称号」が6段以上の段位の人に審査によって与えらています。

全剣連の内部では今回の内閣府に提出した告発状の内容については、「事実関係が確認できない」客観的な証拠がないことにこれ以上の追及は難しい」としていますね。

最後は茶道や華道など芸事の世界ではこうした行いはよくある」と開き直って主張しているというのだが、それが本当ならあきれてしまいますね。正々堂々という言葉のようにあって欲しいですね。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください