トレイルランニングの詳細!!

tore - トレイルランニングの詳細!!

不整地を走るランニングスポーツとしては、以前からクロスカントリーがある。欧米では盛んだが日本ではあまり知られていない状態であった。その後マラソンブームや登山ブームの波にのって、両者の要素を併せ持つ「トレイルランニング」が知られるようになっている。

日本においては、様々な経緯からか、本来の英語のTrail runningの意味からずれたものも含めて広くトレイルランニングと表現していることが多くみられるので注意を要する。

スポンサーリンク


さまざまなタイプ

Trail running(米国での呼称)
Fell running(英国での呼称)

山岳の登山道でのランニング。Fell Runners Association は、山登り・山下り・傾斜度・距離などでカテゴリを分けている。Fellは北部イングランドの山岳の光景の意味。

Cross country running

草原など舗装していないところを走る長距離陸上競技。日本では単に「クロスカントリー」とも呼ばれている。

スカイランニング

標高2000m以上のトレイルを走ること。

Mountain marathon

さらに本格的な山登りマラソン。二日に渡ることや、食糧やテントを携行するものもある。

Adventure running

超長距離など冒険的な要素が強いもの。

ウルトラトレイル

距離が100km以上のもの。

バーティカル

急勾配の斜面を登るもの。

装備

マラソンと同様にほとんど装備を持たずに走るクロスカントリーとは異なり、トレイルランニングでは専用の小型リュックサックに必要な装備を入れて走ることが普通である。

黎明期では「ランニング登山」と称して、通常登山靴や、登山用の杖などを装備して登るような山を、Tシャツに短パン、スパッツ、ランニング・シューズといったランニングのスタイルで入山して走っていた。

しかし近年のトレイルランニングの普及によって専用の装備も開発されるようになり、トレイルランニング製品の市場も拡大しつつある。例えば、シューズでは、登山靴でもランニングシューズでもない、軽く走りやすくグリップの良いトレイルランニング用シューズを使うことが認知されてきた。

また、水筒の代わりにチューブを使って給水できるハイドレーションシステム、走りをサポートするストックなども、使われるようになってきている。

スポンサーリンク


下記装備が、ほぼ必須とされる。

トレイルランニングシューズ – ロード用よりもグリップ力が強く、横方向のサイドステップにも強い

ラン用のウェア

ウィンドブレーカー(最低限の防水の物) – 突然の雨天対策。山頂だけ天気が悪いこともあり、降水確率0%でも持って行くべき。

グローブ – 岩場などをつかむ

バックパック – トレイランニング用の小型の物が発売されている

ハイドレーションシステム、もしくは、何らかのボトルを収納する方法 – ハイドレーションシステムでは手を使わずに給水できる。ボトルを手に持って山道を走るのは危険。

行動食 – エナジージェルなど

ヘッドライト – 山に入る場合は遭難や日没に備えるべきであり、予備も必須である。UTMFなどの大会では2つ以上持参することが必須。点滅や長時間点灯、更に照度で有利なLEDランプ仕様は必須である。

ファーストエイドキット
バンドエイドなど、テービング用のテープ – 捻挫や骨折用ポイズンリムーバ- 蜂用アナフィラキシーショック・ティッシュ

遭難 対策

携帯電話 – 遭難時に110番通報するのに使用。圏外では電池の消費量が多いため、機内モードもしくは電源を切ると節電になる。

紙の地図 – 専用機器やスマートフォンなどのGPS付の地図は便利であり通常時は問題ないが、破損・故障したり電池切れになるので、紙の地図は必須・コンパス

サングラス – 毒虫や木の枝から目を守るので、必須アイテム。
ホイッスル – 救助を呼ぶため、野獣の威嚇に効果がある。
サバイバルシート – 片面が保温用、裏面が熱中症対策になっており、救助を待つ間に使用する

健康保険証

山岳保険への加入・熊鈴 – 動物対策という面もあるが、加えて、一般のハイキングの人にランナーが近づいていることを知らせるという目的も兼ねる:秋田県では死亡事故が多発しており、「熊鈴が熊を呼ぶ」とも言われる。

必須ではないが、下記装備なども持って行く人も多い

ランニング用タイツ – 膝などのサポート、木の枝や虫から足を守るため

トレイルランニング用ストック

トレイルランニング用ソックス – 水の中に入っても大丈夫な物、まめができにくい物などがある

キャップやサンバイザー・行動食以外の食料

人喰い熊は、ベルや普通の威嚇には怯まない。熊スプレーも場所によっては必要となる。50cm程度以下の積雪であれば、より厚着のウェアと軽アイゼン(チェーンアイゼン)などが追加になる。積雪量が多すぎる場合は雪山登山になる。

競 技

トレイルランニングが競技としても実施されている。日本語では、山岳マラソンや山岳耐久レースという訳で紹介されることもある。アメリカ合衆国では、草レースはもちろんのこと賞金レースが存在するほか欧州陸上競技協会の公認レースも存在する。

日本の代表的なレース

ウルトラトレイル・マウントフジはウルトラトレイル・ワールドツアーの1つであり、海外のエリートランナーが多数参加している。

 

mar 486x290 - トレイルランニングの詳細!!

大迫傑の食事トレーニング方法が凄い!奥さん(嫁)や年収が気になる!

2018.10.09
yama 1 486x290 - トレイルランニングの詳細!!

山縣亮太のトレーニング練習方法やマネージャーが凄い!出身大学はどこ?

2018.09.25
har 1 486x290 - トレイルランニングの詳細!!

原田海(クライミング)のハーフ説や彼女を調査!出身高校や大学はどこ?

2018.09.18

 

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

スポンサーリンク