田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

mis - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

1996年、アトランタオリンピックに出場し平行棒などの競技にも活躍された田中光さんが、体操を始めたきっかけと言うのは、親に勧められたからだそうです。それがなぜかと言うと、小さい頃から誰に教わったわけでもないのに側転ができるような運動神経抜群の少年だったようで、

清風中学校の時には全国制覇を成し遂げていると言う事ですね。中高一貫の清風高校に入って、これからという時に、父親がくも膜下出血で他界してしまい、体操を続けるべきか非常に迷われたそうです。

周りの方の支えや応援もあり、体操を続けていく決断をし、その後は全国高校選抜体操競技大会で個人総合優勝するなど、メキメキと力をつけていったようです。
ただ、ケガには悩まされたようで、その影響で1992年のバルセロナオリンピックには出場ができませんでした。

今回は、田中光さんが体操選手として活躍された経歴や、妻の、宮田 芳美(みやた よしみ)さんとも、エアロビでコンビを組んで、2004年の全日本選手権大会準優勝、されたことや子供さんのこと、年収はいくら?などを調べてみました。

スポンサーリンク


田中光のプロフィール

  • 本  名:田中光(たなか ひかる)
  • 生年月日:1972年7月19日
  • 出身地:和歌山県田辺市
  • 身  長:164cm
  • 学  歴:清風高校・筑波大・日本体育大学大学院修了。
  • 博 士:兵庫教育大学より博士(学校教育学)の学位を取得

1996年、アトランタオリンピックに出場し平行棒においてオリジナル技「TANAKA」(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度F)を発表し認定されている。本人はこの技に「ヒカルX」と命名したが、協会から却下されたというエピソードがあります。

1997年に現役を引退したのですが、1998年に現役復帰します。しかし1999年に再び引退しました。その後はタレント活動のほか洗足学園短期大学客員教授、流通経済大学教授として幼少児教育・健康教育・介護予防などをテーマとした研究、指導を行っています。

また最近では芸術性を追求した身体表現GYM-ARTSなる創作ダンスを発表し、オペラや舞台にも挑戦するなど多彩な活動を行っている。2007年11月9日に元エアロビック選手の宮田芳美と結婚することを発表されました」!

田中光の出身高校や大学はどこ?

KYO1 - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

田中光の出身高校や大学はどこ?なのでしょうか。大阪・清風中学校から、清風高校卒業後、筑波大学を経て日本体育大学大学院修了。さらに、兵庫教育大学大学院にて博士(学校教育学)の学位取得しています。

1991年 東京カップ国際選抜大会 平行棒優、1992年中日カップ国際体操競技大会 平行棒優勝、全日本体操競技選手権大会 個人総合優勝と高校時代は平行棒での活躍が目立っていますね。

1991~1995年まで全日本選手権にて平行棒5連覇を果たす。1995年の世界体操選手権では、団体で銀、種目別平行棒で銅メダルを獲得。1996年にはアトランタオリンピック体操日本代表として出場。

平行棒ではオリジナル技(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持)を成功させ、F難度の『TANAKA』として認定された。川崎カップ国際体操競技大会 つり輪優勝1996年NHK杯体操競技選手権大会(アトランタオリンピック代表選考会)2位、アトランタオリンピック 男子個人総合19位

同大会で、平行棒でオリジナル技「TANAKA」 (懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度F)を発表し、認定もされています。
人生で影響を受けた人物を、現在の日本体育大学学長であり、ロサンゼルスオリンピック体操金メダリストの具志堅幸司氏だと語っています。

スポンサーリンク


田中光の結婚や子供はいる?

2007年に、田中光さんと宮田芳美さんは結婚しました。田中芳美(旧姓 宮田芳美)さんは6歳からエアロビを始め、中学1年生からエアロビック選手権に出場し、2002年には19歳最年少で女性個人の部で優勝を果たしています。

2003年の世界選手権では、ソロ部門の銅メダルを獲得しています。全日本エアロビック選手権では、女性個人の部とトリオ部門でそれぞれ優勝3回、エアロビック世界大会では女性個人の部で9位入賞を果たしています。田中光さんと宮田芳美さんの共演している動画が有りました!!

エアxxロxビック 2005はこちら

田中光さんと、奥様の芳美さんそして子供さんの画像を見つけました!、おそらく写っている男の子と女の子二人が田中さんご夫婦のお子さんだと思います。

子供さんも将来は体操選手として有名になるかもしれませんね!!

田中光の年収を調査!

tam1 - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

田中光さんの年収が気になりますね。今回は塚原千恵子女子強化本部長の後任に、アトランタオリンピックの男子代表で、去年の世界選手権で女子の監督を務めた田中光さんが起用されることになりました。

田中光さんは大学教授の肩書きを持っておられます。直接、田中光さんの年収は分からないので、大学教授の年収と言う資料を見つけることが出来ました。大学教授の年収は、1,112万円でした!(賃金構造基本統計調査)

  • 年収:1,112万円(賃金構造基本統計調査調べ)
  • 給与:67万円
  • ボーナス:308万円
  • 平均年齢:57.3歳

大学教授は、短大、大学、大学院をはじめとする研究機関や高等教育機関の研究者のなかで最上位の職業です。仕事の内容は、専攻分野の専門的な研究と、学生の指導、授業を行うことなどです。

定期的に新発見をともなう論文を発表する熱心な教授もいれば、もっぱら後身の指導に熱を入れる教授もいます。教育機関、研究機関ともに、運営のための委員会への出席や教授会への出席などが化されています。また、各学会に所属し学会運営を任されている場合もあります。

副職として、著書執筆、講演、テレビ番組などへの有識者としての出演、政府の委員会への有識者としての参加などによる収入を得ることもできます。

 年齢       年収        月給   ボーナス

  • 30~34歳 0万円 0万円 0万円
  • 35~39歳 989.7万円 62万円 247.4万円
  • 40~44歳 1112.0万円 70万円 278.0万円
  • 45~49歳 1245.4万円 78万円 311.4万円
  • 50~54歳 1334.4万円 83万円 333.6万円
  • 55~59歳 1278.8万円 80万円 319.7万円
  • 60~64歳 900.7万円 56万円 225.2万円

この試算表で見てみると、田中光さんは2019年現在46歳ですから45~49歳 1245.4万円 78万円 311.4万円。と言うことが推定されますが、田中光るさんは本も執筆されていますからもっと大きな金額を稼いでいらっしゃるのでしょうね。

田中光の経歴は!

  • 1989年・全国高校選抜体操競技大会 個人総合・鉄棒優勝
  • 1989年・国際ジュニア体操競技大会 個人総合・鉄棒優勝
  • 1990年・全国高校選抜体操競技大会 個人総合優勝
  • 1991年・東京カップ国際選抜大会 平行棒優勝
  • 1992年・日カップ国際体操競技大会 平行棒優勝
  • 1994年・全日本体操競技選手権大会 個人総合優勝
  • NHK杯体操競技選手権大会 平行棒・鉄棒・あん馬優勝
  • 全日本学生体操競技選手権大会 個人総合優勝
  • 1995年・NHK杯体操競技選手権大会 個人総合優勝
  • ユニバーシアード福岡大会 団体優勝
  • 川崎カップ国際体操競技大会 つり輪優勝
  • 1996年・NHK杯体操競技選手権大会(アトランタオリンピック代表選考会)2位
  • 五 輪・アトランタオリンピック 男子個人総合19位
  • 8時だJ(テレビ朝日系列、1998年4月 – 1999年9月)
  • おはスタ(テレビ東京系列)
yam 486x290 - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

山口海輝(レスリング)の出身高校や大学はどこ?彼女や記録も調査!

2018.12.25
TSU98 scbb TP V e1530862816973 486x290 - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

田中美南(サッカー)の出身高校や大学はどこ?ジムや家族について!

2018.12.31
yaki 486x290 - 田中光(体操)の出身高校や大学はどこ?結婚や子供はいる?年収も調査! 

竹安大知の初勝利はいつ?高校中退の理由や鈴木誠也との仲を調査!

2018.12.22

まとめ

1996年、アトランタオリンピックに出場し平行棒などの競技にも活躍された田中光さんが、体操を始めたきっかけと言うのは、親に勧められたからだそうです。それがなぜかと言うと、小さい頃から誰に教わったわけでもないのに側転ができるような運動神経抜群の少年だったようで、

清風中学校の時には全国制覇を成し遂げていると言う事ですね。中高一貫の清風高校に入って、これからという時に、父親がくも膜下出血で他界してしまい、体操を続けるべきか非常に迷われたそうです

1996年、アトランタオリンピックに出場し平行棒においてオリジナル技「TANAKA」(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度F)を発表し認定されている。本人はこの技に「ヒカルX」と命名したが、協会から却下されたというエピソードがあります。

2007年に、田中光さんと宮田芳美さんは結婚しました。田中芳美(旧姓 宮田芳美)さんは6歳からエアロビを始め、中学1年生からエアロビック選手権に出場し、2002年には19歳最年少で女性個人の部で優勝を果たしています。

田中光の出身高校や大学はどこ?なのでしょうか。大阪・清風中学校から、清風高校卒業後、筑波大学を経て日本体育大学大学院修了。さらに、兵庫教育大学大学院にて博士(学校教育学)の学位取得しています。

田中光さんは2019年現在46歳ですから年収は上記の表を参照にして45~49歳 1245.4万円いじょうであろうと推測できますね。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

スポンサーリンク


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

毎日の生活の中で気になることっていろいろ有りますよね。 そのときは、すぐに調べようと思うのですがそのうち忘れてしまって・・ なので、自分の為でもあるし同じ考えの人の役に立てれればと思い ブログを書いていこうと思いました。