半井小絵の結婚や妊娠の噂を調査!日本会議や和気清麻呂との関係とは!

na - 半井小絵の結婚や妊娠の噂を調査!日本会議や和気清麻呂との関係とは!

半井小絵さんは『お天気お姉さん』として活躍されていたことは皆さんも良く知っておられることですね。 そして半井小絵さんはお天気姉さんとしてデビューするまでの経歴がちょっと仲間のニュースキャスターのお姉さんがたと違っているんです。兵庫県伊丹市出身で、関西学院大学卒業後、日本銀行に入行しました。

日銀在職時は人事、総務、秘書を担当して、大阪支店在職中の2001年3月に、気象予報士の資格を受験4回合格して、財団法人日本気象協会に就職しました。
半井さんは努力家ですね〜、気象予報士の試験を4回もチャレンジして、自分の希望の気象予報士になられたのが素晴らしいですよ。あ、筆者の個人的な意見です(笑い)

さて、そんなお天気キャスターだった元NHKのお天気キャスター・半井小絵さん。当時は親しみやすく可愛らしいルックスが、中年男性ファンを筆頭に多くのファンから好評で、『7時28分の恋人』とも呼ばれる存在でした。

ところがスキャンダルで一変しました。結局お天気キャスターを辞め、その後、フリーアナウンサーが多く在籍するセント・フォースに移籍しました。

今回は『7時28分の恋人』と呼ばれた中年男性のアイドルだった半井小絵さんの結婚や妊娠に纏わる噂や半井小絵さんの日本国会議の内容や、半井小絵さんはなんでも和気清麻呂の末裔だそうですね。

詳しくは本文で紹介して行きますが、異色の元お天気お姉さんの半井小絵さんを調査してみました。

スポンサーリンク


半井小絵のプロフィール

  • 本  名:半井 小絵(なからい さえ)
  • 出身地:兵庫県伊丹市
  • 生年月日: 1972年12月26日
  • 最終学歴: 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科
  • 所属事務所:株式会社ビーチウォーカーズ・マネージメント
  • 活動期間: 2002年 –
  • ジャンル:天気予報
  • 担当番組:活動

オーディションを受け、2002年4月より、関東・甲信越ローカルの気象情報(NHK総合)を担当することになりました。

2004年3月、藤井南美の後任として『NHKニュース7』(平日)の気象情報担当に起用され“7時28分の恋人”と呼ばれ人気を博しました。その後日本気象協会を退職、有限会社気象環境サービスを経て、2006年4月、番組制作会社のウイングに移籍します。

その後は、気象予報士の地位向上を目指す特定非営利活動法人「気象キャスターネットワーク」の活動会員でもある。気象や防災、環境に関する講演活動、小学生向けの地球環境教育も行いながら早稲田大学大学院アジア太平洋研究科にも籍を置き、修士課程を修了した。現在も成長を続けている半井小絵さんです。

半井小絵の結婚と妊娠の噂を調査!

『7時28分の恋人』とも呼ばれて中年男性のアイドルとして人気だった半井小絵さんに結婚の噂と思いきや、なんと不倫愛の噂が勃発しました。その半井小絵さんのお相手は、元プロ野球選手の建山義紀さんと言うのですね。

2011年といえば、彼がテキサス・レンジャーズへ入団し、メジャー初挑戦となったシーズンです。メジャー初挑戦ということで建山選手が注目を集めている時で、そのため野球関係者と選手が来ている飲み会に半井さんも参加して、その時に半井さんから建山選手にホテルに誘ったという内容のスクープが報道されました。

ところが、いろいろ調べてみたところ、出処が実に怪しい某写真週刊誌で、全くの証拠もないのに、不貞疑惑を書き綴っていたのではと言うことが時間とともに明らかになって来ました。この一件について、まず当事者たちは、たまたま仲間内(四人で…)飲んでいただけと証言し完全否定されています。

そればかりではなく、半井小絵さんの所属事務所は、この某写真週刊誌に対して厳重注意までしました。それなのに、第2報以降の情報が一切なく、そのまま、たち消えなってしまいました。この誤報は許しがたいですね。

この某週刊誌も間違ったことをしていないと思えば、厳重抗議までされて黙っている週刊誌ではなく、第2報・第3報と小出しに情報を報じ、徹底的に相手を追い詰めてきているのがこれまでの不倫報道のパターンですね。

しかしながら。この一件に関しては、どう調べても、第2報以降の情報が一切出ていません。それはあまりにも怪しすぎます。おそらく、大した根拠もなく、『食事をしていた』という断片的な事実だけを取り上げ、想像でホテルで不倫していると断定し、そして、面白おかしく事実無根の、誹謗(ひぼう)・中傷で、でっち上げたのでしょう。

ただ、誤報だとしても、一度世間に報じられてしまったら、その時点でイメージが大きく傷つけられてしまうのが現状です。NHKも、不貞疑惑は関係ないと言っていましたが、おそらくイメージ的な問題もあり、降板という形で、彼女が退くこととなったのでしょう。当然『半井小絵』ファンは激怒していますが、ファンが激怒しても残念ながら現実は変えられませんでした。

事実無根の記事を書かれて、半井小絵さんが人生を大きく狂わされたことが不貞疑惑の真相ですね。そんないい加減極まりない記事に、振り回された彼女の心情を考えると悲しくなりますよね。

ところで、結婚と妊娠の噂を調査するはずが脱線して不倫騒動になってしまいましたが、本論の半井さんの結婚ですが、そもそもスキャンダルですら全くのデタラメで、半井小絵さんが結婚している話すら、どこから引っ張り上げた情報なのか全く不明ですね。調べ尽くても、そんな情報はもありませんでした。

しかしながら、遠くて近きは男女の中、と言いますから、水面下で素敵な男性と出会い結婚していたら、その限りではありませんが、現段階では結婚していないとしか言いようがありません。当然、妊娠も有りません。子供だっていないでしょうし、本当にいい加減な噂ばかり甚だ遺憾に思いますね。

最近も半井小絵さんが自身のブログのコメント欄を閉鎖したと言うニュースが有りましたが、半井小絵さんは他人から誹謗中傷を受けやすい人なのかも知れませんが、そんなことで、メゲないで頑張って欲しいですね。

半井小絵さんの写真集です。とっても素晴らしいです。ホント!!

 

スポンサーリンク


半井小絵の日本国会議とは!

憲法記念日を前にした5月1日、憲法改正を目指す議員グループの集会が開かれました。今年は最大の保守団体「日本会議」の会長、元NHKニュースの気象キャスターであった半井小絵さんも登壇しました。「昨年以上の熱気」(関係者)で満員になった会場で何が語られているのでしょうか?。

半井小絵さんは登壇されると、「私はここ数年の間に、世界のなかに日本が置かれている状況に気がつき、ようやく問題意識を持ちはじめました」と、そう切り出しました。なぜ半井さんが改憲派として発信を続けているのかと言うと、きっかけはテレビ番組のコメンテーターに就任したことだという。

半井小絵さんはこの4月まで、ネット放送「虎ノ門ニュース」(DHCテレビ)のレギュラーコメンテーターを務めていた。これは百田尚樹さんや『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』を書いたケント・ギルバートさんといった、ネット上の右派からも人気の「論客」が出演している番組でした。

半井小絵さんはこんな風に言っていました「情報はメディアで流れているニュースを鵜呑みにして、自分で考えようとしていなかった」が、番組でコメントをするために自分で調べたり、出演者から話を聞くようになった。そこから、知れば知るほど政治に無関心ではいられなくなったとこれまでの自身の変化を明かしていました。

最初の転機は、「尖閣諸島のニュースを取り上げたとき」だったと半井さんは語り「4年前まで、中国船が尖閣諸島にやってきていることを知らなかった」「領土の拡大を目論む国が日本に攻めてきた場合、今の憲法では守ることができないという話にピンときませんでした。

私が知っているのは、日本の憲法は世界に誇る平和憲法というもの。疑うこともなく信じていた」それが、ある例え話を聞いて、改憲の必要性が腑に落ちたという。

「憲法9条が目に入らぬか、といって憲法を差し出すと敵が攻撃をやめるのか?ということです。気象予報士的に申し上げますと、台風に来るなと言っても台風はルートを変えることはありえない。平和を守るということがどういうことなのか。見え方が変わりました」

詳しくはコチラをどうぞ!

憲法9条についても「自衛隊が違憲か合憲かという議論が行われていること自体がおかしい」。メディアについても言及し「多くの新聞やテレビは本当に大切なことを伝えていないように思う」と批判。会場から大きな拍手が起きた。

半井さんのスピーチは終始、「無知、無関心だった自分」がいかに関心を持ち、自分で憲法改正の意義を考えるようになったのかを語るものだった。

確かに筆者も感じるところでは有りますが、平和ボケという言葉が良く使われますが、第二次世界大戦の終戦後は日本はアメリカに守られて経済のみに頑張ればよいので、戦後わずかな間で復興しGNP世界第2位になったという話も現在ではちょっと昔の話では?。

と言いたくなるほど、時は流れ、当時は後進国であった韓国や中国もどんどん進歩して日本を追い越そうとしているそんな時に、弱い時はオトナシかった者が成長し大きくなったら、今までは歯が立たなかった相手でも戦いを挑んでくるのは、力関係で成り立っている国際関係では当たり前の事だと思いますね。

半井小絵さんのように、日本国民は今一度自らが危機管理をやらなければ成らない事に気づくべきでしょうね。

和気清麻呂の後孫だった!

NHKのお天気お姉さんとして大人気だった半井小絵アナウンサーでも当初は政治経済のことは得意でなかったようでしたが、武田先生によく叱られながらそれでも一生懸命勉強され、拉致被害者救出の為の舞台に立たれたことなども有り、幅広い活動をされました。

その半井さんが虎の門ニュースを卒業されました。ところで半井小絵さんは、気象予報士としては視聴者の方はご存知ですが、実はなんとあの和気清麻呂の子孫にあたるそうなんです。家系図によると、和気清麻呂(和気氏)の分家の子孫であると言うことになっています。

和気清麻呂は岡山出身の国士で、道鏡が天皇の座を奪おうとした時、身体を張って守った人です。つまり和気清麻呂がいなかったら天皇家は途絶えていたかもしれません。

つまり今日の、日本を救った人物です。このことは岡山県人も意外と知らない方が多いようですね。和気神社には大きな銅像があります。和気神社のすぐ横の藤公園、その種類は日本一で沖縄を除く全国の藤が植えられてます。

いやあ~知ってみると半井小絵さんは凄い血統を受け継いでおられるんですね。それだから色々難題をこうむってもそれを跳ね返して真実に生きるんですね。素晴らしい!座布団一枚持ってきてくれ~

gu5 e1527320378273 486x290 - 半井小絵の結婚や妊娠の噂を調査!日本会議や和気清麻呂との関係とは!

高見侑里の出身高校は?特技は何?トイレ展が最高!握手会も人気

2018.05.26

まとめ

半井小絵さんの結婚と妊娠の噂を調査するということでやってまいりましたが、結婚相手が誰で妊娠のおめでたの話しになるかと思いきや、不倫の誤報から職場を追われたような格好の不運な半井小絵さんさんでした。もちろん結婚はしていませんですから妊娠もしていませんでした。

最近半井小枝絵さんは自身のブログのコメント欄を閉鎖するということがありました。半井小絵さんのブログに言いたい放題のコメントを書き込む輩がいたというのですが、迷惑な話ですが、半井小絵さんにはこんなことでメゲないで頂きたいですね。

日本会議では戦後から、しっかり守られてきた専守防衛の平和憲法が時代の推移や、国際間の交流関係が時間の経過と共に変わっているっことを、自覚してこの時代をししっかりと認識して時代の要求を取捨選択すべき時が来ている事を痛感しました。

そして、和気清麻呂さんの末裔であるという半井小絵さんでした。和気清麻呂は岡山出身の国士で、道鏡が天皇の座を奪おうとした時、身体を張って守った人です。天皇家は途絶えるかも知れない時に救った人だそうですね。ですから血統的にも国の為にという心が自然にわいてくるんでしょね。半井小絵さんが良い人と結婚できると良いですね。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

スポンサーリンク


おすすめ記事



2 件のコメント

  • 小絵ちゃん〜
    Amebaも辞めたんだ〜〜
    年齢も、45歳 子作りも、卵子衰退で?
    でも、有能なポジティブで、大丈夫だよ。
    大分県の山間に移住して 野菜作りなどいいど。 この種の人物達が、最近多々で〜〜
    とんぼちゃんも、応援しても

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください